2008年 10月 11日 ( 1 )

「蛇にピアス」の混沌と渋谷!

衝撃的な1本を銀座シネスイッチで観ました!
蛇にピアス」 とにかく痛いのイヤな人はダメな作品です・・・。
e0017290_8485996.jpg渋谷を徘徊する19歳の少女ルイは、クラブで知り合ったアマ蛇みたいに割れた舌(=スプリットタン)に心を奪われる。後日、アマに連れて行かれた妖しげな店で、全身に刺青を施し、顔じゅうにピアスのある店長のシバに、舌ピアスをあけてもらう。少しずつ穴を拡張しスプリットタンにするつもりだ。その日以来、彫り師のシバに強い憧れを抱いたルイは、自分にも最高の絵を刻みたいと思うようになる。(goo映画より)
刺青、ボディピアス、SM。ダークなテーマを金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が映画化した。映画初主演の吉高由里子が体当たりの演技ですごい!
これを観た後に飲みに渋谷へ。なんだかいつもの街が違って見えました。
映画の中で何度も登場する夜の2本の電車はさしずめ蛇?スプリットタンの2つの先?
を表現しているのかなと思いました。蜷川組の藤原竜也、小栗旬が思いもかけない配役!

[PR]
by mmeirin | 2008-10-11 09:00 | シネマライフ

私がハマっている前向きにしてくれる紫なモノたち!


by mmeirin
プロフィールを見る
画像一覧